観葉植物販売のアンジェリック

〜法人ギフト(請求書払い)承ります〜

観葉植物とは、熱帯・亜熱帯地方に自生している植物を鉢植えに仕立てて観賞用にしたもので、その美しい葉やスタイルを楽しむ植物です。丈夫で管理の楽なものが多く、気軽に楽しめるのも魅力のひとつですが、本来南国の植物ですので、寒さに注意が必要がです。観葉植物を育てるときは、それぞれの本来の生育地(原産地)の環境に合わせた環境を作ってあげることが理想です。日向を好む植物・日陰を好む植物、多湿を嫌う植物・乾燥を嫌う植物など、それぞれの性質を理解し、置く場所等を考えて条件に合うものを選んだり、逆に、その植物の特徴に合わせ、できる限り良い環境を作ってあげることがポイントです。
  1. アンジェリックTOP
  2. 観葉植物の育て方
  3. スパティフィラム

スパティフィラムの育て方

スパティフィラムの画像。光沢のあるプラスティックのような質感の葉。長い葉茎の先端に白い仏法苞

●サトイモ科の宿根草

●原産地:中南米

●越冬温度:7〜10度C

●別名:ササウチワ

【置き場所】

明るい窓辺。日当たりが悪いと、花付きが悪くなる。 もともと、不定期に花をつける植物なので、日照量を上手に管理すれば一年中花を楽しめる観葉植物です。

【水やり】

春から秋の生育期は鉢土が乾いたら。夏場は水やりの頻度を多くし、土が乾かないようにする。冬は乾かしぎみにする。

【施肥】

5〜8月。緩効性の化成肥料を1〜2ヶ月に1回。

【冬越し】

水を控えめにし、昼は窓越しの光をできるだけ当て、夜はなるべく暖かい場所に置き、 冷え込みの厳しいときはビニール、ダンボールなどで防寒すると良い。

【植え替え】

5〜7月。小株は毎年、中〜大株は2〜3年に1回がめやすですが、生育は旺盛な植物なので、 根詰まりに注意し、根がパンパンに詰まってきたら、植え替えと株分けを同時に行うと良い。用土は水はけの良い用土。(市販の「観葉植物用の土」でよい)

【病害虫】

ハダニ、カイガラムシ、アブラムシ、ナメクジ

【店長のコメント・補足】

光沢のあるプラスチックのような柔らかい葉をもち、長い花茎の先端に花を咲かせます。花弁のように見える仏炎苞は、 最初純白ですが、時間がたつに従って緑色を帯びてきます。そのまま放っておくと、 種を付けて株の体力を消費してしまうので、緑色に変わってきたら花茎の付け根から切り取る。


農業資材と農薬の専門店