光触媒の効果と取り扱い

【光触媒とは】
ある特定の物質(二酸化チタンや酸化タングステンなどの金属錯体)は、それ自体は変化することがありませんが、太陽光線(380mm以下の紫外線)や蛍光灯などの可視光を受けると、化学反応を起こします。例えば、二酸化チタンに紫外線を当てると、活性酸素が発生しますが、このような化学反応を総称して光触媒と呼びます。

【コーティングの効果】
光触媒水溶液(アトムチタンリキッド、もしくはタングステン系光触媒)による光触媒作用
1、ホルムアルデヒド分解・・・シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドを分解
2、消臭・・・タバコの悪臭やキッチンの生ゴミ臭、トイレのアンモニア臭など、生活臭を分解除去して消臭
3、抗菌・・・雑菌(O-157や黄色ブドウ球菌など)やウイルス、カビなどの発生を防ぐ
*光触媒水溶液(アトムチタンリキッド)は光触媒製品技術協議会によって、品質管理された製品に表示される「SITPA」の規格に適合し、認定を受けています。

【光触媒の効果を発揮する環境】
二酸化チタン・酸化タングステン(光触媒)は太陽光や蛍光灯などの紫外線のあたる場所で作用するので、光のない状態でも作用するアミノ酸と併用すると、終日効果が発揮されます。 なお、光触媒には、光の強度が弱ければ弱いほど有機物の分解に有効に使用される光の割合(量子効率)が良くなるという特徴がある為、弱い蛍光灯の光でも充分な効果があるとされています。

【メンテナンス】
洗浄や擦れなどで剥がれない限り、理論上、半永久的とされており、特にメンテナンスは必要ありませんが、効果が薄れてきたら、簡単に再コーティングできるスプレー式の溶剤もございます。

【光触媒造花の掃除の仕方】
静電気の発生を抑える効果もある為、あまりほこりは付きません。汚れが気になる場合は、乾いた布でほこりを軽くふき取って下さい。

【光触媒の安全性】
光触媒の安全性検証データの検討結果から、注意書きに従って正しくご使用いただいた場合、安全性上の問題は 考えにくいです。ただし、食品ではありませんので、お子様が口にしたりすることのないよう、ご注意下さい。
*二酸化チタンは、従来から化粧品や繊維に使用されるなど、安心できる材料です。

【造花取り扱いの注意点】
造花の素材はポリエステルや塩化ビニールなので、火気からなるべく遠ざけるようにして下さい。
なお、生花ではなく造花ですので水はあげないで下さい。
FAX注文用紙

FAXでのご注文も可能です。 ⇒ 注文用紙を印刷

店舗情報

アンジェリッフラワーショップ
〒338-0003 埼玉県さいたま市中央区本町東-5-4
TEL:048-854-4747/FAX:048-854-4747
営業時間:10:00~17:00