観葉植物販売のアンジェリック

〜法人ギフト(請求書払い)承ります〜

観葉植物とは、熱帯・亜熱帯地方に自生している植物を鉢植えに仕立てて観賞用にしたもので、その美しい葉やスタイルを楽しむ植物です。丈夫で管理の楽なものが多く、気軽に楽しめるのも魅力のひとつですが、本来南国の植物ですので、寒さに注意が必要がです。観葉植物を育てるときは、それぞれの本来の生育地(原産地)の環境に合わせた環境を作ってあげることが理想です。日向を好む植物・日陰を好む植物、多湿を嫌う植物・乾燥を嫌う植物など、それぞれの性質を理解し、置く場所等を考えて条件に合うものを選んだり、逆に、その植物の特徴に合わせ、できる限り良い環境を作ってあげることがポイントです。
  1. アンジェリックTOP
  2. 観葉植物の育て方
  3. クジャクヤシ

クジャクヤシの育て方

クジャクヤシ

コモチクジャクヤシの葉姿

コモチクジャクヤシの葉先

コモチクジャクヤシの葉

魚の尻尾をたくさん並べたみたいな形です。ちなみに、英名は「フィッシュテールパーム」

コモチクジャクヤシの実

コモチクジャクヤシの実

大きく成長すると、身を付けます。
魚の卵みたいで、ちょっと不気味です。


●ヤシ科クジャクヤシ属

●原産地:インド・マレーなど

●越冬温度:10℃

●別名:フィッシュテールパーム、コモチクジャクヤシ

【置き場所】

耐陰性が強いので、一年中室内に置けるが、やはり明るい場所のほうが良い。

【水やり】

5〜9は、毎日たっぷりと与える。冬季は極力控える。鉢土は乾き気味で、空中湿度が高いのが理想。

【施肥】

4〜10月。緩効性の化成肥料か油粕を2カ月に1回。大きくなりすぎるのを防ぐため、控えめに。

【冬越し】

なるべく暖かい部屋で管理し、表土か完全に乾いてから、更に数日後に水を少量与える程度。

【植え替え】

5〜7月。2〜3年に1回がめやす。排水の良い土ならOK。

【病害虫】

カイガラムシ、ハダニ

【店長のコメント・補足】

葉先が茶色くなってしまう現象がしばしば見られます。水やりの過不足による場合もありますので、ある程度はやむを得ない現象と考えられますが、すぐに葉柄のつけ根から切り取らずに、葉先の枯れた部分だけをカットしておきます。この方が、ダメージも少なく、また、観賞上も有効です。

しかし、ヤシ類は生育期の成長が旺盛な観葉植物なので、知らず知らずのうちに鉢の中の根がパンパンに張ってしまって、根詰まりを起こしている事が原因とも考えられます(鉢の大きさに比べて樹形が大きいようであれば、このケースです)。

このような時は、植替え、もしくは株分けが有効です(ただし、根を傷めることになるので成長期の前半である5月6月頃に行うこと)。通常は、数株が寄せ植えになって植えられているので、鉢から抜いて土を落とし、痛んだ根や古い根を切り落とし、適宜バラして1株〜数株づつ植え直します。このとき、枯れた下葉は切り取り、また、古い葉を数枚切り落として蒸散を少なくすることがポイントです。こうすることにより、植替えによるダメージを少なく出来ます。用土は赤玉4、腐葉土3、バーミキュライト3くらいの配合など、排水が良ければOKです。(市販の「観葉植物用の土」でOK)。もう一つ注意点は、浅植えにすると子株の発生が悪くなるので、浅植えにならないように植え込むと良い。


農業資材と農薬の専門店