観葉植物販売のアンジェリック

〜法人ギフト(請求書払い)承ります〜

観葉植物とは、熱帯・亜熱帯地方に自生している植物を鉢植えに仕立てて観賞用にしたもので、その美しい葉やスタイルを楽しむ植物です。丈夫で管理の楽なものが多く、気軽に楽しめるのも魅力のひとつですが、本来南国の植物ですので、寒さに注意が必要がです。観葉植物を育てるときは、それぞれの本来の生育地(原産地)の環境に合わせた環境を作ってあげることが理想です。日向を好む植物・日陰を好む植物、多湿を嫌う植物・乾燥を嫌う植物など、それぞれの性質を理解し、置く場所等を考えて条件に合うものを選んだり、逆に、その植物の特徴に合わせ、できる限り良い環境を作ってあげることがポイントです。
  1. アンジェリックTOP
  2. 観葉植物の育て方
  3. ホヤ

ホヤ(サクララン)の育て方

ホヤ(サクララン)の画像。楕円でピンクや白の斑の入った肉厚の葉を付けるツル性植物。観賞用に、ツルを這わせたタワー仕立て

●ガガイモ科ホヤ属

●原産地:中国、オーストラリア、日本南部

●越冬温度:5度C

●別名:ワックスプランツ、サクララン

【置き場所】

一年中室内に置いても良いが、暗い部屋で長期間管理すると花付きが悪くなるので、5〜9月は半日陰の戸外に置き、 よく日に当てると良い 。(夏場の直射日光は避ける)

【水やり】

5〜9月は鉢土が乾いたら、葉の上からたっぷり与え、それ以外は、 乾燥気味に。ただし、気温の低い時は極力与えない。なお、もともと多肉質な葉で加湿を嫌う観葉植物なので、 水のやりすぎには注意し、むしろ乾燥気味にしておいたほうが安全です。

【施肥】

5〜8月。緩効性の化成肥料を1〜2ケ月に1回

【冬越し】

出来るだけ暖かくした室内で。

【植え替え・繁殖】

5〜7月。用土は、赤玉にピートモスとパーライトを混ぜたもの。挿し木で容易に増やせます。

【病害虫】

カイガラムシやアブラムシ。カイガラムシが発生すると、ホヤの樹液を吸って糖度の高い分泌液を出すため、 葉がベタベタします。また、カイガラムシ、がスス病を誘発するとススがついたようになります。 水やりをしても葉がしおれている場合はセンチュウの可能性もあります。この場合は、挿し木で再生させると良い。

【店長のコメント・補足】

葉の美しさだけでなく、美しい花も楽しめる観葉植物です。九州や沖縄に自生し、 サクラ色の可愛い花を咲かせるカルノーサ(サクララン)。

「ラブハート」、「ハートホヤ」の商品名で流通している、 ハート型の葉を用土に挿したスタイルで販売されるカーリーなど。

*伸びた蔓の先に花をつけるので、茎を切ってしまうと花が咲きません。また、一度花をつけた茎に毎年花を咲かせるので、 伸びた蔓を途中で切らずに支柱に巻きつけておくのが良い。なお、光線不足でも花が咲かないので光量にも注意。


農業資材と農薬の専門店