観葉植物販売のアンジェリック

〜法人ギフト(請求書払い)承ります〜

観葉植物とは、熱帯・亜熱帯地方に自生している植物を鉢植えに仕立てて観賞用にしたもので、その美しい葉やスタイルを楽しむ植物です。丈夫で管理の楽なものが多く、気軽に楽しめるのも魅力のひとつですが、本来南国の植物ですので、寒さに注意が必要がです。観葉植物を育てるときは、それぞれの本来の生育地(原産地)の環境に合わせた環境を作ってあげることが理想です。日向を好む植物・日陰を好む植物、多湿を嫌う植物・乾燥を嫌う植物など、それぞれの性質を理解し、置く場所等を考えて条件に合うものを選んだり、逆に、その植物の特徴に合わせ、できる限り良い環境を作ってあげることがポイントです。
  1. アンジェリックTOP
  2. 観葉植物の育て方
  3. グローカル

ドラセナ・グローカルの育て方

ドラセナ・グローカルの画像。濃いグリーンの細葉を幹全体にびっしり付ける樹形の観葉植物

●リュウゼツラン科コルディリネ属

●原産地:オーストラリア

●越冬温度:5度C

●別名:センネンボク

【置き場所】

梅雨明けまでは十分に日に当てるが、夏場の直射日光は避ける。5〜9月は屋外に出すなど十分に日に当てると葉色も鮮やかになり、丈夫になる。ただし、真夏の直射日光は強過ぎるので避ける。10〜4月は明るい室内に置くが、真冬の窓辺など夜間の温度が極端に下がる場所は避ける。

【水やり】

5〜9月は、出来れば戸外に出して、一日一回葉の上からたっぷり水をかける。ただし、大型の場合など、動かせない時は、表土が乾いたら与え、葉の表面を拭いてやると良い。10〜4月は、表土が乾いてから、更に数日おいて水を与える。特に冬季は、月に1〜2度で十分。(枯れない程度に、できるだけ水を与えないほうが良い)

【施肥】

4〜8月。緩効性の化成肥料を月に1回。または、液肥を月に2回

【冬越し】

10月からは、水を与える間隔を開けて行き、乾燥ぎみに管理する。

【害虫】

カイガラムシ、ハダニ


対処の仕方・お勧めの薬剤 → 【病害虫の駆除について】

【植え替え・繁殖】

小株は毎年、中〜大株は2〜3年に1回がめやす。用土は赤玉に腐葉土やピートモスを3分の1混ぜたもの。


農業資材と農薬の専門店

(市販の「観葉植物用の土」でよい)

こんな時は Q&A 

 

Q1: 葉先が茶色くなってきた

 

A1: 日照不足、水切れ、接触による痛みなど、さまざまな要因で起こりえる症状ですが、コルディリネ属の仲間には頻繁に起こる症状で、葉先だけに起こっているのであれば、特に問題はございません。

 

 見た目が気になるようであれば、ハサミで茶色くなった部分をカットしておけばOKです。