観葉植物販売のアンジェリック

〜法人ギフト(請求書払い)承ります〜

観葉植物とは、熱帯・亜熱帯地方に自生している植物を鉢植えに仕立てて観賞用にしたもので、その美しい葉やスタイルを楽しむ植物です。丈夫で管理の楽なものが多く、気軽に楽しめるのも魅力のひとつですが、本来南国の植物ですので、寒さに注意が必要がです。観葉植物を育てるときは、それぞれの本来の生育地(原産地)の環境に合わせた環境を作ってあげることが理想です。日向を好む植物・日陰を好む植物、多湿を嫌う植物・乾燥を嫌う植物など、それぞれの性質を理解し、置く場所等を考えて条件に合うものを選んだり、逆に、その植物の特徴に合わせ、できる限り良い環境を作ってあげることがポイントです。
  1. アンジェリックTOP
  2. 観葉植物の育て方
  3. ゴットセフィアナ

ゴットセフィアナの育て方

ゴットセフィアナの画像。茎に直接付ける葉は左右対称で、白や黄色の斑模様

●キジカクシ科

●原産地:熱帯西アフリカ

●越冬温度:8度C

●別名:ホシセンネンボク、ドラセナ・スルクロサ

【置き場所】

一年中明るい日陰が最適。耐陰性もあり、光の少ない部屋でも育つが、 光量が不足すると葉の模様が変わってしまうこともあります。ドラセナ類の中では、耐寒性が弱いほうなので、冬季の低温には注意する。

【水やり】

春〜秋は鉢土が乾いたらたっぷりと与える。エアコンによる乾燥などは嫌うので葉水を与える。冬は乾かし気味が良い。

【施肥】

春から秋に緩効性肥料を2ヵ月の1回ほど。

【冬越し】

できるだけ暖かい室内で管理し、水やりは控える。

【病害虫】

カイガラムシ、ハダニ。特に、空気が乾燥している環境では発生しやすくなるので、葉水で予防すると良い。

【植え替え・繁殖】

春から夏にかけて、株分けや挿し木で増やせる。挿し木の場合は、枝先の2節を残してカットし、 下は取り除き、残った葉の半分にカットして用土に挿す。その後発根するまでは半日陰で管理する。

【害虫】

ハダニ


対処の仕方・お勧めの薬剤 → 【病害虫の駆除について】

【店長のコメント・補足】

ドラセナの仲間は茎が真っ直ぐに伸びて葉が放射状にたくさん付くようなものが多いですが、スルクロサは細い茎を地際からたくさん出して茎に沿って葉を付けます。若い葉っぱの斑は黄色味が強く、古くなっていくと徐々に黄色味が薄れて白っぽくなります。

正式な名前はドラセナ・スルクロサですが、旧名のドラセナ・ゴッドセフィアナや単に’ゴッドセフィアナ’の名前で流通していることも多いです。

切り花の葉物としても人気の観葉植物で、シルバーホワイトの斑点が入るフロリダビューティーが有名。また、他の観葉植物との寄せ植えにする場合もデザインしやすい樹形の観葉植物です。

根詰まりや温度不足だと葉先が茶色くなるので注意が必要です。室温は8℃以上で管理して、 鉢内が根でいっぱいになったらひと回り大きな鉢に植え替えます。


農業資材と農薬の専門店