観葉植物販売のアンジェリック

〜法人ギフト(請求書払い)承ります〜

観葉植物とは、熱帯・亜熱帯地方に自生している植物を鉢植えに仕立てて観賞用にしたもので、その美しい葉やスタイルを楽しむ植物です。丈夫で管理の楽なものが多く、気軽に楽しめるのも魅力のひとつですが、本来南国の植物ですので、寒さに注意が必要がです。観葉植物を育てるときは、それぞれの本来の生育地(原産地)の環境に合わせた環境を作ってあげることが理想です。日向を好む植物・日陰を好む植物、多湿を嫌う植物・乾燥を嫌う植物など、それぞれの性質を理解し、置く場所等を考えて条件に合うものを選んだり、逆に、その植物の特徴に合わせ、できる限り良い環境を作ってあげることがポイントです。
  1. アンジェリックTOP
  2. 観葉植物の育て方
  3. アルテシマ

アルテシマの育て方

アルテシマの画像。薄い斑の入った楕円の葉をが鮮やかな観葉植物
フィカス・アルテシマ(朴タイプ)

鮮やかな濃いグリーンに黄緑色の班が入ります。
葉(表)
比較的肉厚で、光沢があります

全体が黄緑色で斑はほとんどありませn
葉(裏)

幹(枝)の頂部に新葉が出ます
頂部の新芽
それぞれの枝先の頂部から新芽(葉)を出し、どんどん伸びていきます。

カットした幹(枝)の頂部のすぐ下から幹(枝)を新たに出します
頂部をカットすると、横方向に枝(幹)を伸ばし、ボリュームのある樹形になります

●クワ科の常緑樹

●原産地:東南アジア

●越冬温度:3〜5度C

●別名:

【置き場所】

できるだけ日に当てる。ただし、真夏の直射日光は葉を傷めるので避ける。

【水やり】

成長期の夏は、水切れしないように毎日。冬季は鉢土が乾いてから数日後に与える程度。

【施肥】

5〜10月。緩効性の化成肥料か油粕を月1回。液肥なら月2〜3回

【冬越し】

10月下旬がら水やりを控えて室内のなるべく暖かい場所へ。

日照不足、寒さなどによって落葉する事があるが、日に当てる、気温が上がる等環境が改善されればすぐに新葉がでて美しい姿になる。

【植え替え・増やし方】

5〜7月。2〜3年に1回が目安。古い根は切り落とし、水はけのよい用土(赤玉に腐葉土を混ぜもの)に植えかえる。

挿し木で増やす。葉を一枚付けた状態で、切り口を斜めに枝をカットする。このままだと、樹液が固まって切り口をふさいでしまうので、樹液が出なくなるまで切り口を洗い流しておく。

割り箸などを芯にして葉を丸め、切り口と割り箸を一緒に吸水させた水ゴケでまき、そのまま水ゴケを入れた鉢に植えこむ。

水ゴケが乾かないように水をやりながら、明るい日陰で半月を度管理すると発根するので、新芽が伸びてきたら、水ゴケに包んだまま、観葉植物用の用土に植え込む。

【害虫】

カイガラムシに注意

【店長のコメント・補足】

葉脈と葉の縁にイエローが入り、グリーンとのコントラストが非常に美しい観葉植物。フィカス類のなかでは、最も耐陰性が強いほうで、室内でも育てやすいですが、極端に日照不足になると葉を落とすので注意が必要で、また、日照が不足すると葉色が薄くなり、体力も弱くなります。もともと、強い光を好むので、春と秋は室外で日に当てると発色が良くなり、丈夫になるが、真夏の日光は葉焼けを起こすので、遮光するか、日陰に置くようにする。

乾燥が苦手なので、葉の表裏に霧吹きで水をかけたり、濡らした布で拭いてやると良い。

そのほか、根詰まりを起こすと、下葉を落とすことになりますので、2〜3年を目安に植え替えるの良いです。


農業資材と農薬の専門店


アルテシマの販売ページへ

【こんなご用途に人気です】⇒リビングのインテリア、明るい場所

新築祝いの贈答引越し祝いの贈答